Explanations of Lenard's Effect
書籍、文献に見るレナード効果の解説

各書籍、文献のレナード効果の解説の抜粋です
|←戻る| |Homeへ|

No.1 「マイナスイオンの健康学」/山野井昇 著 (P.16 から引用)

「・・・(略)・・・ここではすきとおったように空気が澄み、 とてもおいしく感じられます。
これは、周囲樹木が数多くあるからということだけではありません。 実はこの滝が非常に大きな役割を果たしているのです。
山肌のすき間から落下した水は、滝壺の周囲にある岩石や水面などに 激しく衝突して分裂します。その際、大気中にある塵、悪臭など 細かい汚染物質を清浄化するマイナスイオンを大量に発生します。
このすばらしい自然の作用は、ノーベル賞受賞物理学者ピリップ・ レナード博士により発見され、レナード効果と名付けられました。」



No.2 「マイナスイオンの秘密」/菅原明子 著 (P.80 から引用)

「・・・(略)・・・そのころの研究者の一人に、この地球上の 自然環境のなかで人間にとって健康によいマイナスイオンが一番多く 存在する場所は滝壺の周辺であり、滝の水しぶきにはマイナスイオンの 効果がある、という、当時としては画期的な学説を発表した人がいました。 のちにその研究者はその学説によりノーベル物理学賞を受賞しました。 その研究者こそドイツの物理学者フィリップ・レナード博士です。
・・・(略)・・・
マイナスイオンの効果を最初に学術的に証明してみせたレナード博士の 功績にちなんで、以後、博士の名を冠し、滝壺に身を寄せマイナスイオン を吸入することを”レナード効果”と呼ぶようになりました。 そればかりか、レナードといえば滝そのものを意味するほど、いまでは 一般的になっています



No.3 「天上の旅人」/マイナスイオン研究協会 著 (P.30 から引用)

気体内において水がその表面積を変えるとき、例えば、水滴がさらに 小さな水滴に分裂するとき、分裂のための外部エネルギーによって水滴は 電子を失ってプラスイオンとなり、周囲の空気は電子を吸着して マイナスイオンになります。



No.4 「マイナスイオン水健康術」/山野井昇 著 (P.76 から引用)

「・・・(略)・・・ 滝の水が落ちて、岩や水面にぶつかり周囲に 水しぶきが飛び散っている空気にはマイナスイオンが豊富に発生しています。 ちなみに、この現象を発見したのがノーベル物理学賞を受賞した レナード博士だったため、この効果を「レナード効果」といいます。



No.5 「イオン体内革命」/山野井昇 著 (P.93 から引用)

「・・・(略)・・・ この素晴らしい自然の作用、特に滝の水しぶきのマイナスイオン効果は、 ノーベル賞を受賞した物理学者フィリップ・レナード博士により 発見され、「レナード効果」と名づけられました。



No.6 「医学領域空気イオンの理論と実際」/木村正一、谷口正弘 共著 (P.9 から引用)

気体内に於いて水がその表面積を変える時、例えば水滴が更に小さな 水滴に分裂する時、分裂した水滴自身は両方、共に陽の電気を得、 周囲の空気は陰の電気を得る。この現象は滝効果又はレナード効果 として知られている。
・・・(略)・・・
この現象に於いては次のような説明がある。
水滴の表面には電気の二重層が常に存在し、水滴面は負、これに隣る 空気は正に帯電し、その間の距離は非常に短いと仮定する。 新しい水面が空気に触れると、空気中の正イオンは此の二重層の 外側をなす為に水面にとられ、空気は負に帯電することになる。
・・・(以下略)」



No.7 「大気電気学」/北川信一郎 著 (P.56 から引用)

「・・・(略)・・・ 液体が分裂するときにもイオンを生成する。 液体が急激に微粒化すると、液体の表面エネルギーが変化するため、 液滴が帯電する。たとえば水滴が分裂するとき、水滴は正に帯電し、 周りの空気は負に帯電する。この現象はレナード効果とよばれる。 海岸や滝つぼ付近で負イオンが多いのはこのためと考えられている。
・・・(以下略)」



No.8 「静電気の基礎と帯電防止技術」/村田雄司 著 (P.24 から引用)

「・・・(略)・・・ 水が噴霧されると、できる液滴の大きさはある分布を持つが、特に大きな 液滴と細かい液滴の間には帯電極性の逆転が見られる場合がある。 水の表面は負極性に、そのすぐ内側は正極性に帯電しており、水が分裂して 小さな粒径の液滴ができると、小さな液滴は負極性に帯電し、大きな液滴は 残りの正極性電荷を持つ傾向がある。 これをレナード効果という。



|Homeへ|
有限会社ユニバーサル企画
〒190-0033 東京都立川市一番町3-5-1 立川リムエール107
TEL:042-848-5311 FAX:042-848-5148


Copyright (C) Universal Plan Private Ltd, 1999-2004


2002/5/30 updated