Abstract
Pierre CurieとJacque Curieの論文要約
| Indexへ| トルマリン大調査! | Homeへ |

A. 傾いた面をもつ半面像結晶の加圧による分極電気の形成
B. 傾いた面を持つ半面像結晶の分極電気について
C. トルマリンを加圧した時の電気の出現則
D. トルマリン及び傾いた面を持つ半面像結晶の電気的現象について

A. 傾いた面をもつ半面像結晶の加圧による分極電気の形成

ジャック・キューリーおよびピエール・キューリーによるノート(紹介者:フリーデル)
1880年

1.結晶が一つもしくは幾つかの軸を持ち、その軸端が異なっているものがある。 即ち傾いた面を持つ半面像結晶で、特異な物理的性質を示す。それは温度変化を加えた時に、 上記軸端に、ふたつの反対名の電極が発生すること、即ち熱電気という名前で知られた現象である。

   我々は同じ結晶を用いて、半面像結晶軸方向に、加圧するという新しい方法で、分極電気を起こすこ とに成功した(1)。

   生じた効果は、熱による効果と全く類似である。加圧して行くと、今取り扱っている軸端に、異極の 電荷が蓄えられてくる。結晶を中立状態に戻してから、それを減圧して行くと、同じ現象が再現され るが、極性は反対になる。加圧時、正に帯電した軸端は、減圧時、負に帯電し、これは繰り返される (2)。

   実験のために、実験しようとする物質中の半面像軸に垂直に、平行な2面からなる試験片を切り出す。 これらの面を錫で覆い、外から2枚の硬質ゴム板をかぶせて絶縁する。これを、例えば、万力の歯で 挟んで締め付ければ、切り出した2面間に、即ち、半面像軸方向に加圧できる。電気の発生を確かめ るために、ここではトムソンの電気測定法を用いる。 針に既知の電気量をチャージしておけば、それぞれの錫電極箔を測定器の二つのカップル部分につな ぐことで、軸端の電位差を知り得る。このようにすれば、それぞれの電気を別々に知り得る。このた めには、一方の錫箔を接地し、もう一方を針とつなぎ、一方、測定器の二つのカップル部分は電池で 充電しておけばよい。

   今のところ、この現象を支配している法則の研究は終わっていないが、その特徴は、ゴーガンが、 トルマリンの優れた研究で定義した熱電気のそれと同じといえる。


(1) 鉱物学会の論文
(2)傾いた面を持つ半面像結晶は、熱電気を示す唯一の結晶グループである。これらはまた、 加圧によって、分極電気が得られる唯一の結晶グループでもある。スパット(Spath)のような、 ある種の完面像結晶は、加圧すると帯電するが、一面だけで、上記の現象とは全く異なった表面 現象であり、その効果は、我々の実験条件下では、感知できない。



2.我々は、一連の非電導性物質で、傾いた面を持つ半面像結晶を用いて、分極電気の発生に 関する二つの様式について、比較実験を行った。これらの結晶は、ほとんどが熱電気特性を示す ものである(1)。

   熱の作用は、フリーデルによって示された、非常に簡便な方式で研究した(2)。

   実験は、閃亜鉛鉱、塩素酸ナトリウム、方硼石、トルマリン、石英、カラミン、トパーズ、 酒石酸〔右旋廻〕、砂糖、ロッシェル塩を用いて行った。

   全ての結晶で、加圧によって生ずる効果は、冷却で生ずる効果と同じ向きであり、減圧で生じる それは、加熱で生じるそれと同じ向きであった。

   このことから、ふたつの場合は、はっきりした関係があり、現象は一つの理由に帰さるべきで、 このふたつは、以下の要約にまとめられよう。

   “決定要因は何であれ、傾いた面を持つ非電導性半像面結晶が圧縮されると、必ずある向きの分極が、 また、引き伸ばされると、必ず反対の向きの分極が生ずる”。

   この見方が正しいとすると、加圧による効果は、半面像晶の軸方向に、マイナスの熱膨張係数を持つ 物質を加熱した時の効果と同じ向きであるべきである(3)。


(1)このような特性を持つ結晶は、人工的に作った結晶の中にも、多く見られることが 予見される。例えば、偏向光上の活性体は、その中のある直径が、違った軸端を持つ結晶になる。
(2)鉱物学会の論文 (1879)
(3)この仕事は理学部の鉱物学研究室で行われた。

(論文名)
Développement, par pression, del'électricité polaire dans les cristaux hémièdres à faces inclinées. Note de MM.JACQUES et PIERRE CURIE, présentée par M . Friedel.
(掲載誌)
Comptes rendus hebdomadaires des séances de l'Académie des sciences,91(1880) 294
(所蔵)
The British Library
(訳)
科学技術振興事業団

| Indexへ| 「圧電効果について」へ戻る | Homeへ |

お問い合わせ等ございましたらこちら
有限会社ユニバーサル企画

〒186-0005 東京都国立市西1-16-41
TEL:042-580-3434 FAX:042-571-4487
Mail:info@n-ion.com