マイナスイオンの専門サイト イオントレーディング
★専門店のこだわり!
ご注文・お問い合わせはお電話でもOK!
買い物かご
お問合せ | 会社概要 | ヘルプ  

健康トルマリン製品一覧 月間売上げランキング

▲TOPへ戻る

マイナスイオンは生体に対してはどれくらいの量があればよいのか?

適量ははっきりと決められていないし、分かっていない

いわゆるマイナスイオンの適量については最も重要なことがらでありながら、きちんと規定されているわけでも なく、今ひとつはっきり分かっていないというのが現在のところです。

理由としては、生体に個人差があること・環境にも影響を受けることなどが挙げられます。

総数53件の研究報告で使われていたマイナスイオン量の分布

上記のようにマイナスイオンの適量を規定することは困難ですが、 当社にて古い研究報告にまでさかのぼって収集した総数53件のデータをもとに、 マイナスイオンを治療目的で使っていた場合にどれくらいのマイナスイオン量(密度)が使われていたかを 集計したことがあります。

その結果によりますと、大半のケースにおいて、おおよそ1,000〜500,000(個/cm3)の 範囲のマイナスイオンが使用されていました。

結論的には、使用されているマイナスイオン量の範囲が非常に広くて、適量の絞込みには 至りませんでした。今後、適量に関する研究が待たれるところです。 (マイナスイオンの適量についてより)
 
文・イオントレーディング店長 根本政春
(1996年 有限会社ユニバーサル企画入社)
専門店のおすすめ
マイナスイオン測定器 (イオンカウンター) inti-PRO NT-C101A (JIS準拠型)

月間総合ランキング 10位
マイナスイオン測定器 (イオンカウンター)  inti-PRO NT-C101A (JIS準拠型)

マイナスイオンの研究歴史について
関連おすすめページ (マイナスイオンは生体に対してはどれくらいの量があればよいのか?)
目次 マイナスイオンとは?
総合目次 理論・調べ物 (マイナスイオン&トルマリン)
  理論
  調べ物
マイナスイオン発生器
トルマリン原石・パウダー
入浴用
トルマリン素材・シート
書籍・文献
花粉対策
健康トルマリン製品
トルマリン化粧品
サポーター
ガードル
粉塵(じん)計
ゲルマニウム特集
ネックレス
ブレスレット
お得なセット品
マイナスイオン測定器
商品一覧
ランキング
テレビ・新聞・雑誌・ラジオ等のマスコミで多数ご紹介頂きました。
商品貸出・取材OKです(TV・新聞・雑誌等)>>
マイナスイオンの専門サイト イオントレーディング イオントレーディング
企画・運営 有限会社ユニバーサル企画

〒190-0033 東京都立川市一番町3-5-1 立川リムエール107
TEL 042-848-5311 / Fax: 042-848-5148
<< ご注文・お問合せは、電話/FAXでもOK! >>
CopyRight © Universal Plan Co., Ltd. 1993-2018 | マイナスイオンの専門サイト『イオントレーディング』 発生器・測定器は当店で